テレワークならではの人材育成方法

働き方を改革する意味でテレワークは非常に重要なアプリケーション、通常になってくると思います。しかしながら若い社員や新入社員を現場で育てていこうと考えた場合に、常に一緒にいるわけではないので非常に難しいところもあるかもしれません。そこでテレワークならではの人材育成の方法を具体的に挙げていきたいと思います。 そもそも、テレワークで最も重要になるのは段取りになります。テレワークを推進する以上上司と部下で明確な目標設定を設け定期的に面談を行うことで進捗状況を確認することになります。ですから自分自身で管理を行い自分自身の仕事はどこまで進捗したか、どこが課題で進捗していないのかを明確にし、上司や周囲に相談する必要が出てきます。ある意味自立することで自分自身の成長を早めることができると思います。 次に物事を決めるプロセスを学ぶことができる点です。どうしても日本式の会議で行くとオーナーが誰でいつどこで何を決めるのか、資料は何を準備したらいいのかがわからないままダラダラと続くことが多い状況です。 しかしながらテレワークがメインになってくると、会議の時間も明確になり、出席者も明確になります。そして議事録もきちんと作成する必要があります。 何よりも事前に資料を準備したり、オーナーが何でその会議で何を決めるべきかを明確にした上で臨むことになり、根回しが必要なことも自分自身で気づくでしょうし、会議の進行も非常に上手くなると思います。 結局は数多くのステークホルダーに対して、次に物事を決めるプロセスを学ぶことができる点です。どうしても日本式の会議で行くとオーナーが誰でいつどこで何を決める未来かもわからないまま会議が進むことが多いです。それを事前の根回しで誰が何を決めるのかを明確にし、資料もそこに向かって制作することが重要になります。そして会議進行自体も非常に上手くなり、ビジネスマンとしてのスキルが上がることになります。周囲としてはこのような根回しや資料作成、どのような段取りで行うかを研修することでビジネスマンとしての成長を促すことができると思います。テレワークがメインになったとしても上司と部下は定期的な面談を行い何が課題で今どこまで進んでいるかをチェックし、アドバイスを明確にしてあげることが上司の最も大きな役割になってくると思います。 結果として現場で若い社員や新入社員のスキルを伸ばすことと同等家それ以上の成果を出すことができると思います。